私は親指を使ってぎっくり腰の痛みを改善しました

親指を使用したぎっくり腰の改善方法

 

・ぎっくり腰を改善するために大腰筋の施術が重要ですが、これ以外にも着目しなければならない部位があります。

 

 

From:米子の整体院より

 

魔女の一撃と呼ばれる程、腰に強い痛みが生じる「ぎっくり腰」。

 

このぎっくり腰を改善するために腸腰筋の施術を行いますが、腸腰筋だけの施術で痛みが思ったように変化しないことがあります。

 

そのような時は着目する部位を変更することで、結果が得られます。

 

では、どのような部位に着目するべきなのしょうか?

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰で着目するべき部位とは「親指」、「母指球」になります。

 

手や腕と腰には筋膜の繋がりがあり、母指球が固くなりすぎることで腰に痛みが出やすくなるのです。

 

大腰筋への施術で思ったように変化が出ない場合には、視点を変えて施術することでぎっくり腰の悩みから解放されます。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加