背中を柔らかくする深呼吸の方法

背中を柔らかくする深呼吸

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

動画はこちらをクリック

 

背中を柔らかくする方法は、何もストレッチばかりではありません。

 

深呼吸を行うことでも背中は柔らかくなります。

 

深呼吸のコツは、息を長めに吐くこと。

 

力まずに、ゆっくりと息を吐くことで自律神経バランスが整い、背中の筋肉が緩みます。

 

そして、この深呼吸にバスタオルを使うことで、より背中が緩んでくれます。

 

今回は、背中を柔らかくする深呼吸の方法をご紹介いたします。

 

背中を柔らかくする深呼吸の方法

大き目のバスタオル

大き目のバスタオルを用意します

バスタオルで筒を作る

バスタオルを2回折りたたみ、棒状の筒になるように丸めます。筒が出来上がったら、ベッドの上か床(ヨガマット)の上に置きます。

深呼吸で背骨を柔らかくする

バスタオルで作った筒の上に体を寝かせます。なるべく、骨盤から頭までが乗るようにしましょう。そして、深呼吸します。深呼吸は息を5秒吸い、5秒息を止めて、10秒吐くようにします。

深呼吸を10回行います。

 

ご家庭にストレッチポールがある場合は、バスタオルではなくストレッチポールをご使用下さい。

 

もし、ストレッチポールでは背中が痛い場合はバスタオルでの方法をおすすめいたします。

 

日頃、心の余裕がなくなるほど忙しい方は呼吸が浅くなっています。

 

深呼吸でゆっくりとした深い呼吸をするようにしましょう。

 

そうすれば、腰痛や肩こりは自然と消えていきます。

 

他の背骨・骨盤にの体操はこちら

腰痛、肩こりに効果的な背骨・骨盤の体操


また、体操を行っても腰痛、肩こり、五十肩が改善しない場合には当院の施術もお試し下さい。体操では緩まない程に背骨・骨盤が硬くなっているのなら、当院の施術で緩めましょう。


 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加