背骨から骨盤までを柔らかくする体幹の捩じり体操

体幹の捩じり体操

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

動画はこちらをクリック

 

今回は、寝ながら行う体幹の捩じり体操をご紹介します。

 

この体操を行うことで、背骨から骨盤、肋骨までが柔らかくなり、腰痛や肩こり、五十肩にも効果的です。

 

腕や肩の動き全てに背骨や肋骨が関わります。

 

ちょっと腕を持ち上げようとする時にでも、背骨・肋骨が一緒に動くことで腕が挙がります。

 

この体幹の捩じり体操を行うことで、背骨・肋骨が柔らかくなり、肩や腕の動きが改善されます。

 

肩こり、五十肩、腰痛でお悩みの方は、この体幹の捩じり体操を行ってみましょう!

 

体幹の捩じり体操の方法

バスタオル

バスタオルを用意します。

バスタオルを筒にする

2回折りたたみ、棒状の筒になるように丸めます。

体幹の捩じり開始ポーズ

仰向けに寝て、先ほど作った筒状のバスタオルを両手で持ち、天井に向けて持ち上げます。両膝も立てましょう。

体幹の捩じり1

続いて、両手を左に、両脚を右に倒します。これを左右で繰り返します。

左右各10回行います。
呼吸を止めないように息を吐きながら行いましょう。痛みがある場合は痛みのない範囲で行いましょう。

 

この体操を行って、肩が痛い場合には痛みのない範囲で行います。

 

また、背骨の柔軟性が足りていない場合に肩の痛みが出やすなるので、他の背骨・骨盤の体操を行ってから、この体操を試してみるのも一つの手です。

 

他の体操を行っても、肩が痛い場合には肩甲骨と背骨の間にテニスボールなどを入れて行ってみましょう(テニスボールを挟んで痛い場合は、スグに外しましょう)。

 

背骨の動きが良くなることで肩の痛みも楽になるはずです。

 

他の背骨の体操はこちら↓
腰痛、肩こりに効果的な背骨・骨盤の体操

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加