腰痛改善の為のストレッチとセルフケア

体操や運動をしていると痛みが強くなる。どうしたらいい?

整体院 幸伸の高野です。

 

 

当店では身体の調子を良くするために多くの場合自宅での体操やセルフエクササイズをご提案しています。

 

 

今回は、セルフエクササイズを行って痛みなど身体の反応に対してどのように考えたらよいのかをお話します。

 

 

まず運動していて元々痛みがあった場所の痛みが強くなった場合に関してです。

 

 

例えば腰が痛い方の体操で四つ這いの運動をしている時に四つ這い運動をすることで元々痛かった腰がさらに痛くなった等です。

 

 

特に痛みが出てから時間があまり経っていない場合が多いです。

 

 

原因はいろいろありますが、身体の傷ついた場所の問題や今まで使っていなかったところを動かしたことによる痛み、また心配等でも起こり得ます。

 

 

この時は無理をせず、痛みのない運動や運動の方法を変えることが最適だと思われます。

 

 

痛みを我慢して体操や運動をしたからと言って身体が良い方向に向かっていくとは限りません。

 

 

痛みがあるのに無理をして体操や運動をしていると身体の筋肉は痛みから身体を守ろうとして周りの筋肉を防御的に収縮させてしまいます。

 

 

痛みを楽にしようとして身体を固めてしまっては血流や関節の動きも悪くなりやすいですから痛みが長引くこともあります。

 

 

一見遠回りのようにも思えますが、痛みのない場所から動かしていってから痛みのある場所を動かすことが効果的なこともたくさんあります。

 

 

このような場合は体操や運動をすることで痛みが強くなる体操や運動を一時停止します。

 

 

お身体を確認し、その状態に合わせた体操や運動をまたお伝えいたします。

 

 

体操や運動で痛みが強くなる場合はご相談下さいね。