病院でMRI検査をしてもわからない、坐骨神経痛の原因

MRI検査をしてもわからない坐骨神経痛の原因

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

坐骨神経痛は腰から脚にかけて走行している坐骨神経が圧迫や刺激されることであらわれます。

 

お尻から太ももの裏、ふくらはぎに痛みと痺れが生じます。酷い場合には歩くのも困難になってしまいます。

 

坐骨神経痛は主に、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の症状としてあらわれます。MRI検査でヘルニアや脊柱管狭窄による神経への圧迫が認められる場合には、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の症状によるものだと推測されます(圧迫だけでは症状はあらわれません。神経への圧迫+炎症が伴って坐骨神経痛があらわれます)。

 

しかし、MRI検査で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がなくても坐骨神経痛があらわれる方もいます。

 

じつは、「本当に坐骨神経が圧迫されてあらわれる坐骨神経痛」「坐骨神経は圧迫されていないのにあらわれる偽の坐骨神経痛」があるのです。

 

この記事では、真性坐骨神経痛と偽性坐骨神経痛についてお伝えします。

 

 

 

坐骨神経が圧迫されている真性坐骨神経痛

 

腰部の画像診断でわかる坐骨神経痛

 

MRI検査で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があれば、これらの症状として坐骨神経痛があらわれていると考えられます。

 

腰椎椎間板ヘルニアでは、飛び出した髄核が神経を圧迫、刺激することで坐骨神経痛があらわれます。腰椎椎間板ヘルニアは若い方に多い傾向があります。

 

椎間板ヘルニア図解

引用元:日本整形外科学会HP

 

腰椎椎間板ヘルニアの診断にはMRIが有用で、MRI画像でハッキリとヘルニアによる神経圧迫が確認できます。

 

椎間板ヘルニアのMRI画像

腰椎椎間板ヘルニアMRI画像

引用元:日本整形外科学会HP

 

脊柱管狭窄症では、神経が通る脊柱管が狭くなることで神経を圧迫、刺激して坐骨神経痛があらわれます。狭窄症は中高年の方に多い傾向です。

 

脊柱管の狭窄

引用元:日本整形外科学会HP

 

椎間板ヘルニアの診断と同様に脊柱管狭窄症の診断もMRI検査が有用です。

 

脊柱管狭窄症のMRI

引用元:日本整形外科学会HP

 

他にも、腰椎分離症や腰椎変性すべり症、馬尾腫瘍では神経への圧迫、刺激により坐骨神経痛があらわれることがあります。これらは腰部のMRI検査で診断することができます。

 

Point:馬尾腫瘍とは?
脊柱管内に発生した腫瘍を脊髄腫瘍と呼び、馬尾腫瘍は腰椎部に存在する腫瘍の総称。初期は坐骨神経痛が生じ、進行期では足の感覚障害や麻痺があらわれる。さらに進行すると排尿障害が出現する。医療機関での手術療法が必要。

 

骨盤内の画像診断でわかる真の坐骨神経痛

 

稀ではありますが、骨盤内の巨大化した子宮筋腫により神経が圧迫されて坐骨神経痛があらわれます。

 

Point:子宮筋腫とは?
女性ホルモンの働きによって発育する良性腫瘍。婦人科の腫瘍では最も多い。月経の出血量が増え、貧血になりやすい。腫瘍が巨大化すると膀胱や尿管を圧迫し、排尿障害や水腎症を引き起こすことがある。また、骨盤内の血管を圧迫することで脚の浮腫や静脈瘤の原因になることもある。

 

また、直腸癌や膀胱癌などでも坐骨神経痛があらわれることがあります。これらは骨盤内の超音波検査やMRI検査が有用となります。

 

梨状筋症候群と坐骨神経痛

 

MRI検査などの画像診断で原因がわからない場合、筋肉の問題が考えられます。

 

坐骨神経痛を引き起こす筋肉の疾患には梨状筋症候群があります。

 

梨状筋と坐骨神経

 

梨状筋とは仙骨と大腿骨の付け根の大転子をつなぐ筋肉です。

 

この梨状筋の裏側を坐骨神経が通ります(坐骨神経が梨状筋を貫通していることもある)。そのため、梨状筋が固くなると坐骨神経を圧迫、刺激してしまい坐骨神経痛があらわれるというわけです。

 

 

このように椎間板ヘルニアや巨大化した子宮筋腫により坐骨神経が圧迫、刺激されることで坐骨神経痛は生じます。

 

しかし、中には坐骨神経が圧迫されていなのに坐骨神経痛があらわれることがあります。

 

では、何が原因となって坐骨神経痛があらわれているのでしょうか?

 

偽性坐骨神経痛

 

ここからは坐骨神経が圧迫、刺激されていないのにあらわれる偽性坐骨神経痛についてご説明いたします。

 

じつは偽性坐骨神経痛は非常に多いです。また、真性坐骨神経痛と偽性坐骨神経痛が混合しているケースもあります。

 

筋肉の張りによる偽性坐骨神経痛

 

最も多い偽性坐骨神経痛は、筋肉の張りによるものです。

 

筋肉は張って固くなると血流が悪くなり、痺れや痛みがあらわれます。長い時間正座をしていて足がしびれて痛くなる状況がこれです。偽の坐骨神経痛では、立っているだけで筋肉が張って固くなっています。

 

でも、長時間正座をしているわけでもないのに、なぜ筋肉が固く張ってしまい血流が悪くなるのか?

 

これには背骨や骨盤が関係します。じつは、背骨、骨盤の動きが固くなると、筋肉は張って固くなってしまうメカニズムがあるのです。

 

この筋肉の張りによる偽性坐骨神経痛は背骨、骨盤の動きを改善することで坐骨神経痛も和らぎます。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が画像で確認されても、この偽性坐骨神経痛も合併していることが多くあります。画像診断だけでヘルニアによる坐骨神経痛と決めつけるのは危険です。

 

実際に病院で椎間板ヘルニアの診断がついても、背骨、骨盤の動きを改善することで症状が緩和する坐骨神経痛は非常に多いです。それだけ、真性坐骨神経痛と偽性坐骨神経痛が混合しているのです。

 

また、背骨、骨盤の動きが悪くなる原因は自律神経バランスの崩れにあります。そのため、背骨や骨盤の動きを改善するだけでなく、生活習慣を見直して自律神経バランスを整える必要があります。

 

股関節の変形による坐骨神経痛に似た痛み

 

変形性股関節症では、坐骨神経への圧迫、刺激がなくても、坐骨神経痛に似た痛みが生じると言われています。

 

Point:変形性股関節症とは?
股関節の関節軟骨がすり減り、進行すると関節の変形が生じる。主な症状は脚の付け根の痛み。股関節の動きも制限され、靴下履きや和式トイレ、歩行が困難となる。

 

変形性股関節症はレントゲンやMRI検査で診断することができます。また、変形性股関節症では股関節の可動域が制限されることが特徴です。

 

坐骨神経痛での病院受診

 

坐骨神経痛では、はじめに何が原因となって坐骨神経痛が生じているのかを確かめる必要があります。

 

坐骨神経が圧迫、刺激されて痛みがあらわれているのか、それとも坐骨神経が圧迫されていないのに痛みが生じているのかを知るのが先決です。

 

原因がわからないままにマッサージや腰の電気を当てるのは危険です。腰や骨盤内に病変がある場合には、手術が必要なケースもあるからです。

 

坐骨神経痛でお悩みなら、まずは整形外科に受診しましょう。

 

坐骨神経痛の改善方法

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、筋肉の張りによる偽性坐骨神経痛、変形性股関節症では背骨、骨盤の動きが固くなっていることがほとんどです。

 

これらの坐骨神経痛は背骨、骨盤の動きを改善することで和らぐことを多く経験します。

 

技術をもった理学療法士や鍼灸師、柔道整復師の方に背骨、骨盤を緩めてもらってみて下さい。坐骨神経痛の軽減が期待できます。

 

また、背骨が固くなる原因は日々の生活習慣による自律神経バランスの崩れにあります。

 

つまり、坐骨神経痛の根本的原因は寝不足や過剰な心理的ストレス、不規則な食事による自律神経機能の崩れにあるということです。

 

坐骨神経痛を根本から改善するのであれば、生活習慣を見直さなければなりません。

 

参考文献、引用文献

日本整形外科学会HP 坐骨神経痛パンフレット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。