意外な部位を調整することで椎間板ヘルニアが改善しました

下部胸郭を調整すると椎間板ヘルニアが改善する?!

 

・椎間板ヘルニアによる、臀部・大腿外側〜後面の痛みはどうしたら改善するのか?

 

・一見、関係なさそうな部位の調整が椎間板ヘルニア改善に重要なカギ?!

 

 

From:高野祐一郎

 

椎間板ヘルニアでは腰の痛みだけでなく、お尻や太もも後ろ側の痛み、しびれに悩まされることがあります。

 

これは椎間板が坐骨神経を圧迫することで痛み・しびれが出ている場合があり、器質的な変化による症状は治療に難渋する傾向があります。

 

病院の画像検査ではっきりと椎間板ヘルニアが診断され、椎間板により圧迫されている部位と臀部、大腿にでている痛み・しびれが合致する場合、どのように施術をすればいいのか?

 

ある症例では、この方法で症状の改善が見られたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアによる臀部、大腿の痛みには下部胸郭の調整で改善がみられることがあります。

 

下部胸郭のアライメントの崩れから、痛みやしびれがより強く出ることがあるのです。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加