椎間板ヘルニアの手術判断基準

椎間板ヘルニアで手術を決める判断基準とは?

 

米子市の腰痛専門整体院 幸伸

 

椎間板ヘルニアの手術が必要な時」

 

椎間板ヘルニアが原因の腰の痛みは、腰痛全体の5%だと言われています。

 

その5%の椎間板ヘルニアで緊急に手術が必要な場合があります。

 

もちろん手術が必要な場合には整体院 幸伸の施術は適応範囲外ですので、医師の診察を受ける必要があります。

 

では、椎間板ヘルニアで手術が必要な状態とは?

 

下の動画にてお伝えしています。

 

 

 

膀胱直腸障害(尿や便が出ない障害)や脚に麻痺がでていて、足首が動かせないなどの症状がある場合は医師の診察を受けて下さい。

 

脊髄を通っている神経で排尿や排便、脚の運動はコントロールされています。

 

飛び出した椎間板によって神経が圧迫されると排尿や排便、脚の運動がコントロールできなくなるので、手術で脊髄への圧迫を取り除かなければなりません。

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

PS:
期間限定で通常初回9,200円が


3,500円になる初回限定割引を行っています。
残り2名様となっています。


【1月13日まで】

初回特別割引

 

このエントリーをはてなブックマークに追加