呼吸筋である横隔膜が腰痛の原因になる理由

呼吸筋の「横隔膜」が腰痛の原因になる?!

 

あなたは呼吸筋の一つが腰と繋がっていることをご存知でしたか?

 

「呼吸筋の横隔膜が腰痛の原因になる?!」

 

呼吸に関わる筋肉の一つとして「横隔膜」があります。

 

この呼吸筋までもが腰痛の原因となることがあるのです。

 

なぜ、横隔膜が腰痛の原因となるのか?

 

動画でお伝えします。

 

 

 

横隔膜はドーム状の筋肉で胸郭の下部に位置します。

 

この横隔膜と腰痛と関連がある大腰筋が重なる部位があるのです。

 

呼吸器の疾患やヘビースモーカーの方などで横隔膜の動きが悪くなると、横隔膜と大腰筋には筋膜の繋がりがあるので大腰筋に負担がかかり腰の痛みにつながります。

 

この場合、大腰筋をストレッチしても腰痛改善は難しく、横隔膜に対するアプローチが必要となります。

 

大腰筋は内臓の影響を受けやすく、腎横隔膜とのつながりをみておくことが腰痛改善には重要なのです。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加