背中の痛みは内臓の病気が隠れているかも?!

背中が痛い時に疑われる内臓の病気

 

背中の痛みは骨や筋肉だけでなく、内臓の病気が原因のことがあります。

 

背中の痛みと内臓の病気」

 

当院に背中の痛みでお問い合わせがくる時があります。

 

背中の痛みも幸伸の整体の適応になりますが、時として内科への受診をすすめることがあります。

 

なぜ、内科のお医者さんの診断が必要なのか?

 

それは、内臓疾患が隠れている可能性が高いからです。

 

動画にて背中が痛い時に隠れている内臓の病気についてご説明します。

 

 

 

右の背中が痛い場合には肝炎や胆嚢炎、胆石症などの疾患が疑われます。

 

ただ、右の背中が痛いからと言って、これらの病気があるわけではありません。

 

右の背中の痛みとともに黄疸や吐き気、嘔吐、右腹部(右みぞおち)の痛みがあるかもメディカルへの受診が必要か判断材料になります。

 

また、左の背中では胃潰瘍、胃癌、十二指腸潰瘍などが疑われる場合があります。

 

この際も発熱や吐き気、嘔吐が判断材料となりますし、空腹時と満腹時の痛みの違いが内科受診をするポイントとなります。

 

もし、整形外科か内科と判断を迷われるようであれば内科の受診をおすすめします。

 

上記以外にも狭心症や心筋梗塞、腎臓の疾患や尿管結石などで背中〜腰にかけての痛みがでます。

 

背中の痛みには重大な病気が隠れていることがありますので注意が必要です。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加