前屈時の腰の痛みは足の指をみてください!

立っている時に足指が浮いていませんか?

 

あなたは普段立っている時に足の指を気にしたことがありますか?

 

「足指と腰の痛み」

 

前屈した際に腰の痛みを感じる方はご自分の足の指に意識を向けてみて下さい。

 

もしかしたら、あなたの足指は床から浮いているかもしれません。

 

そして、指が地面を捉えれないと腰に痛みがでやすくなるのです。

 

なぜ、足指が浮いていると腰痛になるのか?

 

この謎を動画でご説明します。

 

 

 

浮指になると重心を移動できる範囲が狭くなり、いつも同じ場所に体重をかけてしまうことで腰に負担がかかってしまうのです。

 

このような方は体幹の前屈や側屈で腰痛が出る際に、足指を上方から圧迫することで腰の痛みが軽減もしくは消失します。

 

足指への重心移動がスムーズになり腰にかかる負担が軽減するのです。

 

指を操作することで痛みが変化するのであれば、足指に対するアプローチが必要です。

 

また、普段の生活でスリッパなどの踵がない履物を使用されていると足指が浮きやすくなる傾向があります。

 

日常での履物の注意や立ち方の指導も併せて行うことが重要です。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加