腰痛のほとんどは心理的ストレスが原因?!

腰痛のほとんどは心理的ストレスが原因?!【自律神経偏】

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

愛

 

前回、姿勢や骨盤の歪みは腰痛の根本的原因にはならないというお話をしました。

 

ほとんどの腰痛は心理的ストレスが原因となるとお伝えしました。

 

心理的ストレスと腰痛は無関係だと思われるかもしれません。

 

しかし、これが真実なのです・・・

 

なぜ、心理的ストレスが腰痛の根本的原因となるのでしょうか?

 

これには自律神経系の働きが関係してきます。

 

あなたは自律神経をご存知でしょうか?

 

体の神経系は抹消神経系、中枢神経系(脳、脊髄)に大別され、抹消神経系は体性神経系と自律神経系とに分類されます。

 

体性神経系は体の感覚や運動機能に関わり、自律神経系は内臓の機能に関わります。

 

そして、自律神経系は交感神経と副交感神経に分類されます。

 

多くの内臓に対し、交感神経と副交感神経は拮抗的に作用します。

 

そして、状況に応じて、交感神経が活動を強めたり、副交感神経が活動を強めます。

 

大まかには、交感神経は活動する時に働き、副交感神経はリラックスしている時や睡眠時に活発になります。

 

走ったり運動したり、心理的ストレスが過剰になると交感神経の活動が高まります。

 

交感神経の活動が高まると心機能が高まって心拍数が増加し、気管支は拡がり、発汗して、血糖値は高まります。また、消化管機能は抑制されます。

 

体も心もリラックスしていると副交感神経の活動が高まります。

 

副交感神経の活動が高まると心拍数は下がり、気管支は収縮、消化管機能は促進されます。また、膀胱・直腸の平滑筋が収縮して排尿・排便が行いやすい身体環境となるのです。

 

このように自律神経系は内臓の機能をコントロールしているのです。

 

そして、自律神経がコントロールしているのは内臓だけではありません。

 

じつは自律神経のバランスは呼吸に関わる筋肉にも影響するのです。

 

呼吸筋は運動神経の支配下にあるため、自らの意志によって調節することができます。

 

しかし、この世に産まれ産声を上げてから死ぬその時まで、呼吸は無意識で行われます。寝ている間も呼吸が止まることはありません。

 

これは呼吸筋が運動神経のみでなく、自律神経系の影響を受けているからです。

 

心が緊張して交感神経の活動が高まると呼吸は浅くなります。また、ゆっくりとした呼吸を意識すれば副交感神経が活性化されリラックスしやすくなります。

 

このように呼吸にも自律神経系の活動が関わっているのです。

 

そして、常に心理的ストレスにさらされるような生活をしていると交感神経活動が高まり、呼吸に関わる筋肉が固くなってしまいます。

 

呼吸筋が固くなると背骨の動きは悪くなり、日常生活で腰にかかる負担が増えてしまうのです。

 

これで腰痛が完成というわけです。

 

ですので、姿勢や骨盤の歪みが腰痛の根本的原因ではなく、

 

常日頃、あなたにかかっている心理的ストレスが根本的原因になることが圧倒的に多いのです。

 

心理的ストレスが根本的原因にあり、その過程で姿勢や骨盤が歪んでいます。

 

もし、あなたが長年、腰痛に苦しまれているのなら

 

自分自身の感情を見つめてみて下さい。

 

あなたの腰痛の原因はあなたの心の在り方にあるかもしれません。

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加