自律神経バランスを整る食事の摂り方

自律神経バランスを整える食事

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

前回、自律神経バランスが崩れることで痛みや不調につながることを説明しました。

 

今回からは自律神経を整えるための方法をお伝えします。

 

まずは食事からです。食事と自律神経が関係すると聞いて驚かれるかもしれません。

 

じつは、内臓の働きは自律神経でコントロールされいます。

 

暴飲暴食などにより内臓に負担がかかると、内臓をコントロールする自律神経にも負担がかかり、自律神経バランスが崩れるのです。

 

では、どのような食事をすれば自律神経バランスが整うのか?

 

それは、内臓のリズムに合して食事を摂ることです。

 

胃や腸などの内臓は、朝は休息していて、お昼頃から活発に働きはじめます。

 

みなさん驚かれますが、じつは朝はガッツリ食べ過ぎないほうが内臓にはやさしいです。

 

朝の休息している時間帯に肉や魚などの動物性タンパク質を摂ると、上手く消化できずに内臓の中で腐ってしまいます。

 

この腐ったモノが長時間、内臓にいつづけると内臓に負担がかかり自律神経バランスが崩れてしまうのです。

 

そして、自律神経バランスの崩れから痛みが出やすい体の状態になってしまいます。

 

朝はしっかり食べましょうと教育されてきましたが、内臓のリズムを考えると、朝ガッツリは自律神経に負担がかかってしまうのです。

 

そもそも朝しっかり食べないといけない根拠も薄かったりします。

 

では、朝は何を食べたら良いのか?

 

長くなってしまったので、これについては明日お伝えします。

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

不摂生はいつか痛い目をみます。

 

僕は学生時代、食事はコンビニ弁当やカップラーメンばかりな生活をしていました。

 

そんな生活が続き、就職してからも食事はめちゃくちゃでした。

 

就職して1年、職場の仲間とお酒を飲んでから、二次会のカラオケで悲劇が起きます。

 

カラオケに着いたころから腰に違和感を感じ、次第に腰の痛みが強くなってきます。

 

お腹も痛くなってきたので、とりあえずトイレに行くと、耐えがたい激痛が襲ってきました。

 

あまりの痛みでトイレで気を失い、他の部屋の方に発見され、病院へ。

 

尿管結石でした。23歳の時です。

 

女性の出産の次に痛いと噂されるアイツです。

 

おそらくバランスの悪い食事が原因です。

 

あれ以来、食事は気をつけるようになりました。

 

尿管結石も再発していません。

 

ってか、あの痛みは本当に二度と味わいたくない・・・

 

みなさんも、尿管結石にならないよう食事にはご注意下さいね。

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

内臓のリズムに合して食事を摂ることで自律神経は整う
朝がっつり食べると内臓に負担がかかり、自律神経バランスは崩れやすくなる

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。