背骨のS字カーブは自律神経バランスが関係する?!

背骨のS字カーブと自律神経バランス

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、背骨のS字カーブについてお話します。

 

人間の背骨は本来、S字に弯曲しています。

 

この弯曲があることで、体にかかる負担を減らしてくれます。

 

歩いたり、立ち上がったり、走ったり、全ての動作で体にかかる負担を減らし、怪我から体を守ってくれるのが背骨のS字カーブです。

 

しかし、この背骨のS字カーブがなくなり、真っ直ぐな背骨になってしまうと、体には過剰な負担がかかり、痛みが出やすい体になってしまいます。

 

そして、この背骨のS字カーブと昨日までお話していた自律神経には深い関係があるのです。

 

乱れた食事や寝不足、心のストレス、過剰な運動により自律神経バランスは崩れます。

 

自律神経のバランスが崩れると、呼吸が浅くなります。

 

自律神経は内臓をコントロールする神経で、呼吸もコントロールしています。

 

そのため、自律神経バランスが崩れると、呼吸が浅くなり、呼吸をするための筋肉が固くなってしまいます。

 

体幹にあるほとんどの筋肉は、呼吸をするための筋肉です。

 

自律神経バランスが崩れると、体幹がガチガチに固くなってしまうのです。

 

そして、体幹の筋肉が固くなると、背骨も固くなり、背骨のS字カーブは失われてしまいます。

 

まとめると、

 

@乱れた食事や寝不足、心のストレス、過剰な運動

A自律神経のバランスが崩れる

B呼吸が浅くなり、呼吸に関係する体幹の筋肉が固くなる

C体幹の筋肉が固くなり、背骨も固くなる

D背骨のS字カーブがなくなる

E体に負担がかかり、肩こりや腰痛、膝の痛みなど、痛みが出やすくなる。

 

このような流れで、腰痛や肩こりはつくられていきます。

 

ほとんどの方は知りませんが、食事や睡眠、心のストレスにより痛みはつくり上げられているのです。

 

そのため、自律神経バランスを整えるような日常生活を心掛けることが、痛みの根本改善と再発予防には重要なのです。

 

簡単に日常生活を変えることは出来ませんが、出来る範囲で少しずつ日常生活を見直していきましょう。

 

また、日常生活をすぐに変えることは難しいので、当院にメンテナンス通院をして、体の良い状態を保つことをおススメします。

 

当院で月1回ほどでもメンテナンスを受けている方は、本当に再発しにくい体になっています。

 

メンテナンスに通いながら、生活習慣を徐々に変えることで再発率は限りなく0に近づきます。

 

スポーツクラブに通うように自分で自分の体を守っていきましょう。

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

★本記事の要約

 

自律神経のバランスが崩れると、背骨のS字カーブが失われ、痛みがでやすい体になる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。