普段の生活に隠れた痛みの根本的原因

生活に隠された痛みの原因

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、生活に隠された痛みの原因についてお話します。

 

 

ほぼ全ての痛みの原因は生活の中にあります。

 

 

食事による内臓への疲労だったり、睡眠時間や心のストレスによる自律神経バランスの崩れにより、痛みが起きやすくなります。

 

 

また、普段の姿勢や体の動かし方が痛みの原因になることもあります。

 

 

例えば、寝る時にいつも右側ばかりを向いて寝ていると、右側の背中や腰が固くなります。

 

 

そして、右側の背中が固いことで、腰や肩など全身の痛みにつながっていきます。

 

 

他にも長時間のデスクワークにより、左側の背中や肩甲骨が固くなることがあります。

 

 

多くの方がデスクワークの際に左側の肩甲骨を固めてパソコンを操作しているのですが、

 

 

この左側の肩甲骨が動きにくくなることで、これも五十肩や腰痛などにつながっていきます。

 

 

このように、痛みの原因は日常の何気ない姿勢や動作に隠れていることが多くあります。

 

 

特に何もしていないのに痛くなるわけではありません。

 

 

毎日、同じ姿勢で寝ていたり、長時間同じ姿勢で座っていると痛みが作られるのです。

 

 

痛みの改善のコツは、これまでの行動を変えることです。

 

 

これまでと同じ行動をしていても、慢性的な痛みは変化しません。

 

 

もしかしたら、普段のこんな姿勢や動作が原因かも思われたのなら、その行動を変えてみましょう。

 

 

行動を変えて痛みが変化した場合は、その行動が原因の一つである可能性があります。

 

 

あなたの体の主役は、あなたです。

 

 

痛みを無理矢理に変えようとするのではなく、痛みを作り上げた行動を変えてみましょう。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

週に5、6回は寝る前に20分ぐらいの体操をしています。

 

先日、飲み会やら何やらがあって3日ぐらいサボってしまいました。

 

そしたら体がだるい感じがしますね。

 

体の調子が悪いわけではないけど、ベストではない感じ。

 

そしたら気持ちも沈みがちなります。

 

やっぱり毎日、体を動かすことは大事だと痛感しました。

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

痛みを改善するためには、普段の何気ない行動を変えることが重要

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。