モヤモヤ血管の治療法

モヤモヤ血管の治療方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、前回に引き続き『モヤモヤ血管』についてお話します。

 

 

前回、長引く痛みの原因の一つとしてモヤモヤ血管が関係することを説明しました。

 

 

モヤモヤ血管とは毛細血管が異常に増殖した状態です。

 

 

この異常に増殖した血管と一緒に痛みを感じる神経も増えることで痛みが長引きやすくなります。

 

 

モヤモヤ血管による痛みの特徴は3つあります。

 

 

1つ目は、痛みのある場所を指で押さえると痛みが発生する。

 

 

2つ目は、じっとしている時に痛い、睡眠中にも痛い

 

 

3つ目は、痛みが発生してから、1ヶ月以上経過している

 

 

これら3つが当てはまる場合は、モヤモヤ血管である可能性が高いです。

 

 

長引く痛みでお悩みの方は、確認してみましょう。

 

 

そして、このモヤモヤ血管の治療方法をいくつかご紹介します。

 

 

@医師によるステロイド注射

 

 

モヤモヤ血管はステロイドを注射することで、余分な血管が死んでなくなります。

 

 

注射後、痛みが大幅に軽減するそうです。

 

 

ただし、このモヤモヤ血管に対する注射を行っている医師が少なく、保険適応外のため値段も数十万円します。

 

 

神奈川県の奥野祐次医師がモヤモヤ血管の治療を行っておられます。

 

 

気になる方は、奥野先生のホームページをご覧ください。

 

 

http://www.itami-torou.com/

 

 

A自分で痛みのある場所を押さえる

 

 

モヤモヤ血管がある場所を指で10秒ぐらい押さえましょう。

 

 

モヤモヤ血管が血流が少しでも遮断されると、すぐに死んでしまいます。

 

 

指で10秒ぐらい押さえることでモヤモヤ血管を減らします。

 

 

B有酸素運動

 

 

15分ぐらいの有酸素運動を行うことでモヤモヤ血管が減少します。

 

 

痛みがない範囲で軽めの有酸素運動を行いましょう。

 

 

週に2日以上を継続して行うことが重要です。

 

 

C生活習慣の改善

 

 

高カロリーな食事はモヤモヤ血管を増やします。

 

 

カロリーに注意しながら、生野菜、生果物を食べるようにしましょう。

 

 

また、寝不足や心理的ストレスによる自律神経バランスの崩れがモヤモヤ血管を増やします。

 

 

自律神経バランスを整えるような生活を心掛けましょう。

 

 

以上がモヤモヤ血管を改善する方法となります。

 

 

モヤモヤ血管のことがわかってきたのは、ここ数年のことです。

 

 

これから研究が進んでステロイド注射も近い未来には保険適応になると思います。

 

 

長引く痛みでお悩みの方は、モヤモヤ血管が原因の一つかもしれません。

 

 

生活習慣を改善しながらモヤモヤ血管を減らすように行動してみましょう。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

★本記事の要約

 

モヤモヤ血管の治療は、ステロイド注射や有酸素運動、生活習慣の改善が有効

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。