寝起きの腰痛は寝返りが関係している可能性大!

寝起きの腰痛

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、寝起きの腰痛についてお話します。

 

 

朝起きたら腰が痛かったなんて経験ありませんか?

 

 

寝起きの腰痛の原因は、『寝返り』が関係します。

 

 

人間は寝ている時、20回〜30回ぐらい寝返りをすると言われています。

 

 

寝返りをすることで体の筋肉が固まることを防ぐことが出来ます。

 

 

寝返りが出来ないと、起きた時には筋肉がガチガチになってしまうのです。

 

 

寝起きで腰が痛い人は、寝返りの回数が少なくなっていて、

 

 

腰の筋肉がガチガチに固くなって腰が痛いことがほとんどです。

 

 

そのため、寝起きは腰が痛くても、動いているうちに筋肉が柔らかくなり腰痛は軽減していきます。

 

 

寝起きの腰痛を改善するには、寝返りの回数を増やさなければなりません。

 

 

まずは、敷布団の固さを確認してみて下さい。

 

 

柔らかい低反発の布団は、体が沈み込んで寝返りがしにくくなります。

 

 

今使っている布団で寝返りをしてみましょう。

 

 

簡単に寝返りが出来れば布団の固さは問題ありませんが、寝返りがしにくい場合は布団が柔らかすぎる可能性があります。

 

 

次に、体幹の柔軟性にも注意しましょう。

 

 

体を捩じるような動きが固くなると寝返りはしにくくなります。

 

 

普段からストレッチや体操で体の柔軟性を作っていきましょう。

 

 

手っ取り早く寝返りの回数を増やす方法としては、胴にバスタオルを巻く方法があります。

 

 

胴にバスタオルを巻いてガムテープでタオルを固定します。

 

 

これは腹巻でもいいのですが、腹巻のようにバスタオルを巻くことで寝返りがしやすくなり、寝返りの回数も増えます。

 

 

寝起きの腰痛が辛い方は、布団の固さをチェックして体の柔軟性を上げて、胴にバスタオルを巻いて寝てみましょう。

 

 

寝返りの回数が増えることで寝起きの腰痛は軽減する可能性があります。

 

 

また、眠りの質が悪くても寝返りの回数は減ってしまうので、深い眠りをとることも重要です。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

先日、深酒をしてしまい、朝起きると腰に鈍い痛みがありました。

 

深酒は眠りを妨げます。

 

よく、お酒を飲めば眠れると言いますが、深酒は眠れても眠りが浅くなってしまいます。

 

おそらく深酒で眠りが浅くなったことが原因です。

 

たまには深酒して腰が痛くなる日があってもいいと思います。

 

その分、ストレス発散になりますので(^^)

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

寝起きで腰が痛いのは、ほとんどの場合は寝返りの回数が少ないから

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。