ブルーライトによる体への影響と対策方法

ブルーライトによる体への影響

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、ブルーライトによる体への影響についてお話します。

 

 

ブルーライトはパソコンやスマホの画面から出ている青色の可視光線のことです。

 

 

パソコンやスマホを長時間使用すると、ホルモンの一種であるメラトニンが体内で生成されにくくなります。

 

 

メラトニンは眠気を誘う物質で、メラトニンの生成が少なくなると睡眠が十分にとれなくなります。

 

 

睡眠不足は自律神経バランスを崩し、肩や腰、膝などの痛みや不調の原因となります。

 

 

そのため、パソコンやスマホによるブルーライトの浴びすぎには注意しなければなりません。

 

 

ブルーライトによる体への影響を極力少なくするためには、眼鏡やパソコン、スマホの画面にブルーライトをカットするフィルムを貼りましょう。

 

 

電気屋さんなどでブルーライトをカットするフィルムが売られています。

 

 

フィルムを貼るだけでもブルーライトによる体への影響を減らせますので、仕事で長時間パソコンをされる方は是非お使い下さい。

 

 

また、背中を丸めた姿勢になり画面と顔が近づきすぎると、ブルーライトを浴びる量は増えてしまいます。

 

 

パソコンやスマホを使用される際には、背筋を伸ばした姿勢で顔が画面に近づき過ぎないように注意しましょう。

 

 

夜間、眠りが浅い方は寝る直前にスマホを使用されていることがあります。

 

 

スマホのブルーライトは眠りを浅くするので、寝る直前にスマホを使いすぎないようにしましょう。

 

 

以上がブルーライトによる体への影響と対策になります。

 

 

ブルーライトの浴びすぎは痛みや不調の原因となりますので、パソコンやスマホを使用される方はブルーライト対策を行うことをおすすめします。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

たまに寝つきが悪い日があります。

 

そんな日はだいたいパソコンを一日中かまっていることが多いです。

 

そして眠れなくて暇なのでスマホをかまってしまい、さらに眠れなくなります。

 

悪循環です。

 

そんな時はスマホは使用せずにテレビや本をダラダラとみてみましょう。

 

興味のないテレビや本を見ると眠りやすくなりますよ。

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

ブルーライトを浴びると眠りが浅くなる

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。