天気と体調の関係。気温や気圧が変化すると自律神経も変化する

天気と体調の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、天気と体の関係性についてお話します。

 

 

「雨の日は調子が良くない」「寒い日は○○の調子が悪い」などと言われているのを聞いたことはありませんか?

 

 

なぜ、天気が悪かったり、気温が低い日は体調が悪くなる方が多いのでしょうか?

 

 

これには自律神経が関係します。

 

 

自律神経は体を緊張させる交感神経とリラックスさせる副交感神経からなります。

 

 

この自律神経が体温も自動でコントロールします。

 

 

気温が下がり体温が低くなると、体温を上げるために血流を増やそうとして交感神経が働きます。

 

 

逆に気温が高くなり体温も高くなると、体温を下げるために体をリラックスさせる副交感神経が働きます。

 

 

このように気温によって自律神経は働き方が変化します。

 

 

そのため、体を緊張させる交感神経が働きすぎている人は、寒い日になると余計に交感神経が働こうとして自律神経バランスが崩れてしまいます。

 

 

自律神経バランスの崩れは痛みを悪化させ、体調を悪くするので「寒い日になると○○が痛い」ということが起きるのです。

 

 

また、雨降りの日は低気圧により体をリラックスさせる副交感神経が働きやすくなります。

 

 

副交感神経が働きすぎると、気持ちがうつ傾向になりやすく、気持ちが落ち込んでしまいます。

 

 

「雨の日は調子が悪い」というのは、低気圧により気持ちが落ち込んでしまって起きている可能性があるのです。

 

 

このように天気の変化と自律神経は関係します。

 

 

しかし、全員が全員、天気の影響で調子が悪くなるわけではありません。

 

 

気温に影響されやすい人や気圧に影響されやすい人など、色々なタイプの方がいます。

 

 

元々、自律神経のバランスが崩れがちな人ほど、気温や気圧の影響を大きく受けます。

 

 

生活習慣の見直しを行い、自律神経バランスを整えるように心がけましょう。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

先日、子供が熱を出して保育園を休みました。

 

僕は休みの日だったので、僕が一日子供をみていたのですが、子供を寝かしつけるのって大変ですね。

 

眠たいけど眠れなくて、子供は大泣きでした。

 

こういう時は、抱っこ紐で抱っこしながらじゃないと眠らないなと思い、慣れない抱っこ紐を使いました。

 

長時間の抱っこ紐は肩がこりますね。

 

腰ベルトがないタイプに抱っこ紐で、紐をお腹のところでギュッとしばるのでお腹が圧迫されます。

 

じつは、お腹圧迫されて胸の動きが悪くなると肩ってこりやすくなります。

 

なのでお腹を圧迫しない、腰ベルトがあるタイプの抱っこ紐は肩がこりにくいんです。

 

実際に自分自身の体で腰ベルトがないタイプの抱っこ紐を使うと、肩がこることがよくわかりました(笑)

 

肩こり予防にも抱っこ紐は腰ベルトがあるものを使いましょう。

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

天気が変化すると自律神経バランスも変化して、体調が悪くなる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。