腰痛を悪化させる思考とは?!恐怖回避思考と腰痛の関係

腰痛を悪化させる恐怖や不安

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

今日は、腰痛を悪化させる「あるモノ」をご紹介したいと思います。

 

 

それは、腰痛に対する恐怖です。

 

 

腰痛に対する不安感や恐怖感が、腰痛を慢性化させると指摘されています。

 

 

腰の痛みに対する不安や恐怖から過度に腰を大事にしようとすると、

 

 

過剰な警戒心から腰を動かすことが少なくなり、腰がガチガチに固くなってしまいます。

 

 

そして、腰がガチガチに固くなることで、腰の痛みが悪化したり再発するといった悪循環に陥ります。

 

 

近年の研究で、腰痛があるからと安静にし過ぎるのではなく、できる範囲で日常生活を送るほうが予後がよいとされています。

 

 

痛みがあるからといって、腰を動かすことをしなければ、余計に腰痛は悪化する可能性が高いのです。

 

 

「私の腰は動かすと痛いから、動かさないようにしよう」

 

 

このような考え方をしていると、腰がガチガチに固くなり、ギックリ腰になる可能性が非常に高くなってしまうのです。

 

 

また、痛みに対する過剰な不安感や恐怖感は心理的なストレスになり、このストレスで腰痛になることもあります。

 

 

不安や恐れのない状態で楽観的に痛みと向き合うことが、腰痛治療では重要となります。

 

 

病院で「あなたの椎間板はすごく減ってるね」、「骨の変形がすごいね」と言われても、心配する必要はありません。

 

 

なぜなら、腰のレントゲン写真で椎間板が減っていたり、変形があっても、それが痛みの原因であることは少ないからです。

 

 

また、「重たいものを持ってはだめ」とか「安静にしていないさい」といって説明をされても、できる範囲で腰を動かしたり日常生活を送ったほうが予後が良いということを覚えておいて下さい。

 

 

「重たいものを持ってはだめ」と説明され、それを真に受けることで、不安になったり恐怖を感じることで余計に腰痛を悪化させる可能性があるのです。

 

 

腰痛治療の正しい情報を手に入れ、楽観的に痛みと向き合うことが腰痛をより早く回復させます。

 

 

腰痛は出来る範囲で腰や体を動かすことが腰痛改善の鍵になるのです。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

腰痛になっても、出来る範囲で動くことが大切です。

 

しかし、ギックリ腰では、痛みが強くて動けなくなることもあるので、その場合は仕事を休むことも必要になります。

 

痛みが強いギックリ腰の状態で仕事を頑張ると、痛みが治りにくくなってしまうので、仕事を休むことも重要です。

 

もちろん、出来る範囲で動くことが大切ですので、家では動ける範囲で動きましょう。

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

不安や恐怖で腰を動かさなくなると腰痛は悪化したり再発しやすくなる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。