お酒が痛みを悪化させる?!ビタミン不足と痛みの関係性!

飲酒によるビタミン不足が痛みを引き起こす?!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

整体院 幸伸の高野です。

 

 

お酒を飲んで体が痛くなることがあるって知っていましたか?

 

 

お酒が原因の体の痛みはビタミン不足が関係します。

 

 

お酒を飲むことで、水分とビタミン(A、B、C、D、E)不足が起きやすなるのですが、

 

 

これは、アルコールを摂取により、胃や腸の栄養吸収が阻害されることで、ビタミンを吸収しにくくなっていることが関係します。

 

 

また、アルコールを分解しようと肝臓が一時的に活発になります。

 

 

この時に体内の水分やビタミンを使うので、ビタミン不足が起きやすくなります。

 

 

そして、ビタミンには痛みを抑制する働きがあります。

 

 

そのため、お酒を飲み過ぎるとビタミンが不足して、痛みが起きやすくなるのです。

 

 

最も多いパターンは二日酔い時の頭痛ではないでしょうか。

 

 

二日酔いの時の頭痛もビタミンを摂ることで軽減することが多くあります。

 

 

また、ビタミンを摂ることで、慢性的な痛みやしびれが軽減したこともあります。

 

 

毎日、お酒を飲んでいる方はビタミンが不足している可能性があります。

 

 

ビタミンを補給することで軽減する痛みもありますので、

 

 

毎日お酒を飲んでいる方は、ビタミンを摂取するように心がけましょう。

 

 

もちろん、ビタミンを摂っていれば、いくらお酒を飲んでもいいわけではありません。

 

 

お酒はほどほどにすることも大切です。

 

 

整体院 幸伸、高野でした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。