お酒がDNAを壊す?!アルコールによる「がん」リスク

お酒がDNAを壊す?!アルコールによる『がん』リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

お酒を飲む機会も多かった年末年始に興味深いニュースが報じられました。

 

 

「アルコールがDNAを壊して、がんのリスクを高める」と英ケンブリッジ大学が発表したのです。

 

 

DNAはたまたま損傷することもありますが、アルコールはDNAを損傷する可能性を高めます。

 

 

そして、壊れたDNAは元に戻らなくなり、がんリスクを高め、食堂がんや乳がん、肝臓がん、大腸がんになりやすくなります。

 

 

特に東南アジア人は、アルコールを分解する酵素を十分に持っていない人が多い傾向にあるそうです。

 

 

そのため、東南アジア人はアルコールを上手く分解出来ず、DNAが損傷する確率が高いのです。

 

 

「酒は百薬の長」と言われ、適量のお酒であれば、良薬より効果があるor効果はないにしろ体に害はないと信じられてきました。

 

 

しかし、今回のこの発表によると、適量のお酒であれば大丈夫というのは迷信のようです。

 

 

アルコールが原因で『がん』が出来る可能性は誰にでもあるとのこと。

 

 

『がん』にならない安全な飲酒量などはありません。

 

 

ただし、ある一定の飲酒量であれば『がん』になるリスクはあるものの、『がん』リスクは低くなります。

 

 

英政府の飲酒ガイドラインによると、男女ともにビールは週に6杯、またはワインはグラス7杯、ウィスキーは週にボトル約半分とされています。

 

 

このガイドラインの規定以上にお酒を飲むと、『がん』リスクが増加するようです。

 

 

また、飲酒は『がん』リスクだけでなく、背骨を硬くし、肩こりや腰痛、膝痛の原因となります。

 

 

毎日、お酒を飲んでいる方は休肝日を作ったり、飲酒量が増えすぎないようにすることで、『がん』リスクだけでなく、腰痛や肩こり、膝の痛みなどの改善にもつながります。

 

 

お酒は楽しく飲みつつも、過剰にならないように注意しましょう。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

      編集後記

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今回、お酒の量に気をつけるように言っておきながら、年末、仕事納めの日にはお酒を飲み過ぎました。

 

しかも、飲んだ次の日は出雲に帰省の予定です。

 

お酒飲み過ぎて、胃が疲労していたせいもあるのでしょうか。自分の運転する車で車酔いになってしまいました・・・。

 

人の運転する車に酔うのはわかりますが、まさか自分の運転で酔うとは・・・

 

みなさんも飲み過ぎには注意して下さい。

 

 

★編集後記しか読まないという方への本記事の要約

 

飲酒は量に関係なく、DNAを損傷して『がん』リスクを高める危険性がある。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。