坐骨神経痛の改善には大腿筋膜張筋をみて下さい

下肢の筋肉と坐骨神経痛

 

・坐骨神経痛を改善するために必ず確認しなければならない、下肢の筋肉とは?!

 

 

From:高野 祐一郎

 

立っている時に体重をかけると脚が痛い。歩いていると痛みが強くなってきて、歩くのが辛い。

 

このような坐骨神経痛の方で、是非みていただきたい筋肉があります。

 

脚にあるこの筋肉を緩めることで、坐骨神経痛が大幅に緩和する可能性があるのですが、その筋肉とは・・・・

 

 

 

 

 

坐骨神経痛を改善するために確認しないといけない筋肉とは大腿筋膜張筋です。

 

骨盤から筋膜組織が集合した腸脛靭帯に付着します。

 

この筋肉がガチガチに固くなっていたり、硬結があると坐骨神経痛が強くでる場合があります。

 

また、体幹の前屈や股関節を曲げる際に大腿筋膜張筋が固くなっていると、この筋肉がつっかえ棒のようになってしまい股関節を折り曲げることが難しなってしまいます。

 

大腿筋膜張筋を緩めることで体幹の前屈角度が増すか、痛みが軽減するのかご確認下さい。

 

 

認知不協和

整体院 幸伸の電話番号 0859217991メールでの予約施術中は電話に出られない場合がございます。こちらから折り返しご連絡致しますので、メッセージを残して頂ければ幸いです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加